FC2ブログ
2020-01-04 23:40 | カテゴリ:アキレス腱断裂
駐車場で病院を検索します。

確か下田に大きい病院があったと思うので調べると休日診療もやっているらしい。

・・って事で向かうことにしました。

断裂した足はズキズキ痛みます。
耐えられない激痛レベルではないが、おそらく夜眠れないと思われるレベル。。

以前、捻挫した事があるがそれに近いと思った。

何とか病院到着。

休日は病院の裏口に受付があった。

磯の登りも長かったが、駐車場から受付までの100m?・・いや50mが長かった。。
受付のお姉さんに事情を説明し保険証を提出。

幸い今日の当直医は整形外科の先生らしい。
待合席で問診票などを書く。

救急患者もいるらしく30分くらい待たされ、診察室に通される。

「どんな状況でした?」

高橋一生っぽい若めの先生に磯で滑ったことを伝える。

「ベッドにうつ伏せで寝て下さい」

患部を揉まれる。。痛い!!

両足のふくらはぎを掴まれ、足が反応するかどうかを検査される。
(トンプソンテストと後で知る)

「切れてますねー、右足は反応がありません」

マジかー!!
(と言うかやっぱり。。)

まず治療法と治療期間を聞く。
手術する方法と固定したまま自然回復を待つ方法があると知る。

手術なら早いがいずれにしろ松葉杖生活でリハビリ開始が1ヶ月後〜らしい。。

マジかー!!

この後、現地で治療を続けるか、帰宅して治療するかの選択を迫られる。
何日も帰れないのはキツいので、自分はすぐに帰宅して治療する事を希望した。

どこの病院に行くつもりか聞かれるがわからず。。
我が街にある先生おすすめの病院に紹介状を書いてもらった。

男性看護師さんに簡易ギプスを付けてもらう。
空気に触れると?固まる物質を利用したギプスらしい。

担当先生は意思を尊重してくれたが、看護師さんたち数名は帰宅することをけっこう心配してくれた。
男性看護師さんが松葉杖は持って帰るべきと言い、レンタルして帰ることになった。

その後、車椅子に乗せられたり松葉杖の練習をしたり、短い時間の中で初体験することばかり。。

治療費と松葉杖レンタル保証金で合計13000円也。
所持金残り千円になってしまった。。と言うか持ってて良かった。

痛み止めの薬も処方してもらい、女性看護師さんに駐車場まで車椅子で運ばれる。
看護師さんも釣りを始めたらしくそんな話もしつつ・・「くれぐれも気を付けて!」と。

薬は貰ったが、ギプスしてから痛みがだいぶ和らぎ、気にならなくなってきた。
完全に切れるとむしろ痛くないのか?

さて普通でも3時間かかる帰路・・

大渋滞してそうだし、深夜1時起きだし、1日釣りしたし、アキレス腱断裂して病院行ったし。
盛り沢山な1日を過ごしてヘトヘト。。

結局いつもの車中泊スポットで夜中まで仮眠を取り無事帰宅。
アキレス腱切って片足使えないと釣行の後片付けがとても大変だった。
ほとんど片足ジャンプしていたが・・駐車場から部屋が近くてよかった。


帰宅後、いろいろと調べる。

紹介状を書いてもらった病院はけっこう大きい総合病院らしい。
市内とは言え3駅くらい離れてる。。

しかもまず平日に電話で受診予約しないといけないと知る。

と言うことで翌日は何も出来ず過ごす。。


続く。
関連記事
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:医療・病気・治療
コメント(0)

管理者のみに表示する