-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-28 23:16 | カテゴリ:甲信越
今年も雪山テン泊したいと思い、群馬の六合から野反湖に行ってきた。

できれば白砂山(二百名山)まで行きたかったのだがミスって靴擦れができてしまい早々に断念。。
テン泊を楽しんで帰ってきた。

ゲート前に駐車。
ここから野反湖までは約8㎞、さらに白砂山までは約8㎞である。
標高はちょうど1000m。
IMGP6649.jpg

しばらく林道歩き。
ブーツを持ってスキーをザックに刺して軽シューズで歩く。

2㎞弱歩いてやっと雪が出てくるが雪が固いのでそのまま歩く。
IMGP6652 (800x450)

残り5㎞から雪が柔らかく斜度も出てきたのでスキーに切り替える。
深い部分もあり少々難儀する。

最近のものと思われるスキーのトレースあり(登りと下り1名分か?)
DSC_1022.jpg

歩いた後にスキーブーツに切り替えたので足がむくんでいて痛い。。
ブーツを緩めてしまったのが失敗。。徐々に靴擦れが・・

大楢という場所からトレースが森の中へ。
地図もここから登山道が出ているようだ。
IMGP6653 (800x450)

意外と難儀する。
最後の急登。
IMGP6654 (800x450)
カカトが擦れてヤバい。。

そして建物が見えてきた。
野反峠休憩舎。
IMGP6655 (800x450)

野反峠とも、富士見峠とも言うらしい。
もちろん、誰も居ない。
DSC_1024.jpg

すぐ眼下に野反湖。
標高1560m、連日氷点下になるのでもちろん凍っている。
IMGP6658 (800x450)

東側に八間山。
実際に見ると意外と急である。
IMGP6656 (800x450)

カカトを見ると大きなマメが出来ている。。
テーピングを貼る。

カレーパン食べて、スキーアイゼンを付けてリスタート。
IMGP6659 (800x450)

600mが急登だった。
幸いクラストしていて登りやすかった。
IMGP6661 (800x450)

少し登って足も痛いし急にやる気が無くなる。。
DSC_1030.jpg

んで少し下ってこうなる(笑)
まだ10時半である。。
DSC_1029.jpg

しかし設営に1時間以上かかった。
昼飯。
DSC_1028.jpg

4時間後に腹が減って早めの夕食。

鍋である。
野菜と鶏肉を持って来た、あとビールも(笑)。
DSC_1032.jpg

夜、というか夕方18時過ぎには就寝、21時に目が覚めて1時間程起きてまた寝る。
陽が出てからゆっくり下山しようと思い7時過ぎに起きる(笑)。

(ここから2日目)
おはようございます。
テントとバックに草津白根。
DSC_1035.jpg

今日は下るのみ。
だがスキーで滑るのはちと厳しい。
IMGP6663 (800x450)

このへんは担いで歩く。
右に崖もあるし。
IMGP6664 (800x450)

この辺からスキーを履いて滑るが、ザックが重すぎてコントロールが難しい。。
IMGP6665 (800x450)

野反湖まで下ってきた。
あっという間。
IMGP6666 (800x450)

ありがとうございました!
後は林道を滑って下るのみ。
IMGP6667 (800x450)

しかしけっこう平坦もあって難儀。
ここはターンできた。
IMGP6668 (800x450)

残り5㎞。
スキーが滑らないのでワックスを塗る。
もっと早く塗れば良かった。。
DSC_1039.jpg

残り2㎞くらいから担ぎ。
普段からウェイト背負って鍛えてるけどこれはけっこう重かった。
DSC_1040.jpg

地鶏自撮り。
DSC_1042.jpg

下の方も薄っすら降ったみたい。
IMGP6669 (800x450)

草津白根。
IMGP6671 (800x450)

適当な山行であった。
でも雪山はあえて緩い感じで過ごしてくるくらいがちょうど良い。

▼関連記事
【2015-1-14】中ア権現づるね【木曽駒】
【2015-3-23】山スキー(奥利根湯の小屋温泉から)
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:登山
コメント(0)

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。