-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-01 23:28 | カテゴリ:グルメ
カスピ海ヨーグルトは10年以上前に知り合いからタネをもらって1~2年続けていた時期がある。

最近またカスピ海ヨーグルトを食べたい(作りたい)と思い、調べてみるとタネが売っている事を発見。
もしや?と思って探してみたが、やっぱり最近はこういった商品もあるんだな。

フジッコの「手作り用種菌セット」です。
名前の知れたメーカーってのも安心感はある。
DSC_0906.jpg

商品は1袋3gの種菌が2袋で1セット、千円。
1袋で400~500mlの牛乳からヨーグルトが作れてその後も植え継ぐ事ができる。

自分は2セット(4袋)で1900円(税込)送料無料を楽天で注文したら数日後にメール便でポストに投函されていた。
メール便で頼める点がお手頃です。

作成は500ml以上のガラス瓶などを用意するのが理想だが、1回使い捨てであればそのまま牛乳パックもOKらしい。
ガラス瓶は後で100均に行った時に買うとして、取り急ぎ牛乳パックで作る。

あまり安すぎる牛乳は固まりが悪かったというレビューも見たので、自分は少し高めの「おいしい牛乳」500mlパックを使用。
ちなみに牛乳の表示に[種類別]低脂肪乳や[種類別]無脂肪乳はおススメできない、[種類別]加工乳や[種類別]乳飲料は作れないとのこと。
普通の[種類別]牛乳を使えば良いらしい。

作成時は粉状の種菌がダマになって牛乳に溶けないらしいので、熱湯&アルコール除菌した小鉢に牛乳を少し入れ、その中で種菌をスプーンで良く解かしてから本体の牛乳に投入。

夏(25~30℃の場所)では24時間
冬(20℃前後の場所)では72時間

自分の場合、(詳細は伏せるが)25℃近い環境に牛乳パックを保管できるので、そこで1日置いといたら見事に固まっていた。

早速頂く。
確かに評判通り、粘りがあって市販のヨーグルトとは違う。
DSC_0920.jpg

1袋500円で1~2ヶ月植え継ぐ事ができるのでお得と言えばお得です。
牛乳代はかかりますが、ヨーグルトの乳酸菌の働きを期待して食べているわけですから。

ちなみに植え継いでいるとだんだん菌が弱くなり(と言うか違う菌&成分のヨーグルトになるので注意らしい)長くとも3ヶ月で新しい種菌から作り直すことがお勧めとのこと。

楽天のレビューに1万件くらい書き込みがあって、そこを少し読めばだいたい予備知識は得られると思われるし、商品買うと説明書やQA表が付いて来きます。
隠れたヒット商品を見つけた感じである。

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。