-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-25 22:00 | カテゴリ:南アルプス
久々の南ア。
2年前の春分の日、まだ雪どっさりの時に雪山テン泊したコース。

下界はずっと猛暑。
登山口5時半の時点で20℃弱ってところ。

沼平ゲート。
IMGP6026.jpg
畑薙大吊橋。
IMGP6032.jpg

想像以上に登っている人がいてどんどん追い付く。
6人くらい(全員ソロの男性)に追い付いた後は下山してくる人がチラホラ。
ヤレヤレ峠。
IMGP6033.jpg
ウソッコ沢小屋。
IMGP6039.jpg
横窪峠、このコースは峠が多く下りもある。
IMGP6043.jpg
横窪沢小屋、営業中。
IMGP6045.jpg
樺段。ここが踏ん張りどころ。
IMGP6049.jpg
茶臼小屋。
IMGP6050.jpg
富士山。
IMGP6051.jpg
最高の天気。
IMGP6052.jpg
南ア主稜線上に立つ。
IMGP6055.jpg
心洗われる瞬間!
IMGP6063.jpg
茶臼岳到着。
IMGP6057.jpg
戻って少し下る。
IMGP6064.jpg
素敵な庭園。
IMGP6065.jpg
近いようで遠い。。
IMGP6066.jpg
聖、左に兎。
IMGP6068.jpg
着いた!
IMGP6069.jpg
正面から。
DSC_0296.jpg
富士山。
DSC_0300.jpg
ドーンと聖。
IMGP6074.jpg
ありがとうございました!
DSC_0303.jpg
茶臼もありがとうございました!
IMGP6077.jpg
茶臼小屋。
IMGP6078.jpg
横窪沢小屋。
IMGP6079.jpg
ウソッコ沢が涼しい。
IMGP6082.jpg
崩落個所。
IMGP6083.jpg
畑薙大吊橋。
IMGP6084.jpg
無事下山。
IMGP6085.jpg
畑薙ダムから左が茶臼、右が上河内。
IMGP6086.jpg

山行:7時間4分、休憩53分、合計7時間57分。
スポンサーサイト
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:登山
コメント(0)
2015-07-15 22:07 | カテゴリ:温泉
まだらおの湯。
斑尾山に登った帰りに入った。

登山中の駐車場も隣の公園から開始したので便利だった。
DSC_0282.jpg

【料金】
・ 10:00〜17:00
 大 人 450円
 中学生 300円
 小学生 200円
・17:00〜
 大 人 250円
 中学生 200円
 小学生 100円

【分類】
 日帰り温泉

【アクセス】
 豊田飯山ICから7km、10分

【営業時間】
 定 休 日 火曜日(祝日は通常営業) 
 営業時間 夏季(4月1日~11月30日) 午前10時~午後9時
        冬季(12月1日~翌年3月31日)午前10時~午後8時
 お食事処 夏季(4月1日~11月30日) 午前11時~午後7時30分LO
       冬季(12月1日~翌年3月31日)午前11時~午後7時LO

【駐車場】
 広い(50台)、第2駐車場もあり
DSC_0283.jpg

【ジャンル】:旅行 【テーマ】:温泉
コメント(0)
2015-07-14 22:41 | カテゴリ:温泉
志賀高原の木戸池温泉に入った。

DSC_0275.jpg

【アクセス】
 信州中野ICから42km、55分

【分類】
 温泉ホテル日帰り利用

【料金】
 600円(時間外だったためか?ウェブサイト上では大人500円、小人300円)

【時間】
 14:00~18:00

【駐車場】
 広い(建物前に数十台分 )
【ジャンル】:旅行 【テーマ】:温泉
コメント(0)
2015-07-13 21:31 | カテゴリ:登山
体調も回復。

金曜休暇取得して3連休、久々に深夜発・車中泊のピークハントをしてきた。
下界は猛暑。

標高2000mでも陽が昇れば暑い。
日の出前が勝負な季節になってきた。

7/10(金)
志賀高原(笠ヶ岳→横手山→岩菅山)


▼笠ヶ岳(5:35~5:56)
直下の笠岳峠から登れるのであっという間。

笠の影。
DSC_0267.jpg
誰にも会わなかった。
DSC_0266.jpg

▼横手山(6:21~7:06)

直下の横手山ドライブインから登る。
頂上は広くスキーリフト降り場、頂上ヒュッテなどがある。
IMGP5847.jpg
IMGP5838.jpg

少し移動して岩菅山。

▼岩菅山(8:02~11:32)
今日一番長いコース。
IMGP5869.jpg

暑くなってきてきつかった。。
IMGP5882.jpg

IMGP5885.jpg

7/11(土) 北信(黒姫山→斑尾山)


▼黒姫山(4:13~8:51)

日の出前、道が見え始めた頃を見計らって歩き始める。
1時間半ほどで山頂。
IMGP5909.jpg

北側の火口を周って下山する。
IMGP5923.jpg
残雪。
IMGP5929.jpg
沢。
IMGP5935.jpg
古池。
IMGP5937.jpg

▼斑尾山(10:13~12:27)

斑尾山へ移動、約30㎞。
900mから1300mへ登るが、だいぶ暑くなってきた。

急登。
IMGP5957.jpg
山頂。
IMGP5962.jpg
大明神岳からの野尻湖。
IMGP5964.jpg
スキー場を下山。
IMGP5972.jpg

7/12(日) 群馬(浅間隠山→榛名山(掃部ヶ岳))


3日目最終日。
帰りながら寄れる山へ。

▼浅間隠山(4:07~5:42)

今日も早朝から登る。
朝日と気持ち良い風。
IMGP5984.jpg

移動して榛名山(掃部ヶ岳)

▼榛名山(6:32~7:58)

掃部ヶ岳は「かもんがたけ」と言う。

湖畔の宿公園からのコースは意外と急登だった。
IMGP6014.jpg

硯岩からの眺め。
IMGP6025.jpg


【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:登山
コメント(0)
2015-07-06 23:03 | カテゴリ:練習
7月に入って体調も何とか回復してきた。

今日は汗をかくためにローラー。
蒸し暑いが扇風機のみ。

30分流して10分ほど上げ、10分ダウン。
大汗かいた。

6月は本当に体調不良で困った。。

以下、顛末記

●6/1(月)
明け方から下痢で社会人初の病欠
前日の飲み屋が怪しかったが、午後には腹が治ったので単に腹が冷えたせいか?
午後は寒気がして熱が出るが38℃弱。
翌日は出社

●6/5(金)
元気になったかに見えたが・・職場の空気が悪く扇風機を点けていたら風で喉をやられている事に気づく
翌日から咳と痰が出る
普段から風邪ひかないので常備薬の備えは甘く、総合風邪薬を飲むがあまり効果なし

●6/8(月)
咳はおさまるが痰の色が黄緑色っぽくなり細菌性の痰が出る
薬局で咳と痰の薬を買うが、症状を抑えるだけの薬っぽく数時間で効き目が切れる。。

●6/11(木)
駅前の耳鼻科に行く
2年半前に同じ症状でかかっていたいたがすっかり忘れていた
ここで抗生物質などを処方してもらう

●6/19(金)
細菌性の痰は抗生物質が無いとなかなか治らないと言うことを経験済み
何とか痰も治まってきたので今週はトレーニングと思うが、移動中のクルマのエアコンの風で喉の痛みが軽く再発

●6/22(日)
山でトレラン4時間
雨は降っていないが草木の露と蒸し暑さでずぶ濡れ
追い込んでたつもりが身体がけっこう冷えたらしく、その晩から咳が再発。。

●6/23(月)
咳が止まらず苦しかった。。
薬局で買った薬を飲んで何とか抑える
週末含めゆっくり過ごす

●6/30(火)
まだ少し痰が出るが明日の7月から元気になりそう(な気がする)

●7/1(水)
予感的中で昨日までの痰もだいぶ改善された。
ただ週末は天気予報に結局だまされた形で出かけず。。(6/22のずぶ濡れのトラウマもあり)


<所感>
1年半以上やっている炭水化物ダイエットのせいもあるのかもしれないが、ここまで風邪が長引いたのは初めてだった。
炭水化物ダイエット自体がダメと言うわけでなく、体調不良直前はかなりメニューが適当になっていた。

普通に米や麺を食べる以上にメニューには気を使うが、運動量の割には絶対的なボリュームが減っていた。
完治するまでは1日1~2食は炭水化物と、おやつ・お菓子など好きなものを食べるようにした。

風邪は窓を開けて風が入って来るだけでも咳が出て苦しかった。
基本的に暑さ寒さがわからず、夜は長袖などを来てしっかり毛布を掛けて寝ないと風邪が悪化した。

黄緑色の痰は実はこの冬にも発生したが自然に回復した。
しかし1~2年に1回は発生するので、対策を講じたほうが良いかも知れない。

これを機に常備薬を充実させておいた。
しかし薬も使用期限があって無駄になることが多い。
こういった事はあくまで「備えあれば・・」であってできれば無駄になった方が良いのだが・・


また元気になってきたので山や自転車?などいろいろ活動したい。
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。