-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-30 22:42 | カテゴリ:徒然なること
寒いのに良く咲くな~。
もう何週間も咲いてます。

名前は知らん。

今日はタラタラとローラー。
汗でビショビショのシャツを脱ぐ時が寒い。。

スポンサーサイト
2006-11-29 22:33 | カテゴリ:練習
陣見山を登って下って登って下って登って下ってしてきた。

ポジションいじくったら遅くなった気がする。。
冬なので尚更か?

でもこれでダメだと思って更にポジションいじくると泥沼だ。
しばらくは試練の時だ。



コンドルさんがエキサイトブログに引越しました。
新・コンドルになりたい!
2006-11-28 22:17 | カテゴリ:徒然なること

壊れた。

1万円くらいのTANITAの。
部屋のどこかから1分おきくらいに、ピッ・・・ピッ・・・と音がする。。
コイツだった。

「非常に精密な機械ですので、身体の少しの変化で結果が変わります。」

非常に精密なので壊れた。。
壊れたらタダのゴミだなぁ~。

体重の増える冬は必要。
買わんと。
2006-11-26 21:41 | カテゴリ:自然のこと
自然薯掘りました。

奇しくも、掘るのは霜の降りるこの時期がベストなんだとか。
沢の近くの笹薮に見つけたので、そっちを掘ることに。

スコップや鍬で大雑把に掘って、更にイモを傷つけないように手と小さいスコップで土を払う。
黒い服着てるので熊と間違えられそうだな。

30cmくらい掘ったらイモの横幅が7~8cm。
かなり太いのでビビる。。ヌシか??

こりゃ相当(2mくらい?)掘らないと!と思ってたら50cmくらい掘ったところでポロッと取れる。
2時間かかりました。。
かなり根気のいる作業。


と言うわけで、ゲットしました~!
ヌシではなかったみたい。。


全長80cm。
東京タワーみたいな形。
土が固いので下の方で詰まっていた感じ?
これが大きいんだか小さいんだか、初めて掘ったのでわかりません。

掘った後にいろいろ調べてみた。

正式名称「ヤマノイモ」。
ツルが赤い「赤ツル」が良いらしい。
大きいので1kgくらいらしい。
コレはちょうど600gでした。

「オニドコロ」とか「ニガカシュウ」と言うニセモノもあるらしい。
う~ん、いかにも間違えたら最悪っぽい名前だ。。

 1.ニセモノは葉っぱが微妙に幅広。
 2.ツルの巻き方が逆(ニセモノは左上がりの右巻き)。
 3.苦くて食べられない(毒草)ので、ツルを噛んで苦いかどうか見分ける。

大丈夫か??

僕は結果的に「2時間かけて掘り出して、食べてみて苦いかどうか見分ける」という最悪の方法で判断することに。。
苦くなかったのでホンモノみたいだけど自信ない…。
生えていたツルを見に行ったら右上がりの左巻きだった。うん、間違いなさそう。

食べると胃の消化を助け、更に栄養の吸収効率を高めるので滋養強壮に良い。
「麦とろ」とか「マグロの山かけ」とか、理にかなった食べ方なんだとか。

ニセモノを食べると胃の消化を妨げ、更に栄養の吸収も悪くなりゲロゲロ?

食べ方は、
洗って軽く天日干しして、火で炙ってヒゲを焼き落とす。
皮のまますりおろして、すり鉢ですりながらだし汁で2~4倍に薄めてトロロにするらしい。

んでやってみました。
「皮のまま」ってのがキタナイ気もするが、風味が出るらしい。
古い歯ブラシでこすって洗いしばらく干す。

実家からすり鉢を借りてくる。
ダシも鰹節から作る。

マグロも購入。
これで「マグロの山かけ」を作る。


とりあえず200gくらい?すりおろす。
餅みたい。


ダシを少しずつ足しながらすり鉢でかき混ぜる。
かなりコシがあるのでダシをかなり入れる。
普通のトロロくらいの硬さにすると、かなりの量になった。


「マグロの山かけ」の完成~。
普通のトロロよりは風味があるかな?と言う感じだけど、あまり変わらないかも??

シンプルにご飯にかけて食べた方が美味しかったです。

スローフードですね~。




かんchanさん見てますか?
アドレス教えてください!
2006-11-25 23:36 | カテゴリ:自転車コース
寒いっすね。

布団入ってるのに寒かった。
起きたら部屋が5℃だった。

今日は軽め。
一昨日下った城峯山。

龍勢ゴール前を左に下る道。
下りきると信号もあるが周りの道と組み合わせれば1時間以上集中して走れそう。


R140、野上のセブンイレブンから城峯山まで1時間くらいか?
と思ったので行ってみる。

R140から3.5kmまでちょっとした峠がある。
近いわりにはあまり来ないけど、ゆる~い坂道でなかなか良い感じ。
80%以下で走る。


ちょっと下って左に信号が2個。
信号を右。

R140から4.3kmくらい。
ここから城峯山までは信号ゼロ。
本当はここがスタートかな?

採石場前の広い道。

採石場。

城峯山の看板があるので右折。
信号から1.8km。


最初は急な部分が多い。
なるべく80%で走る。


中盤はかなり緩い。
しっかり踏まないと80%以下になってしまう。

風早峠、奈良尾峠があるはすだが今日も良くわからず。。
後半は急な部分もあるがほとんど緩斜面。


けっこうあっけなく城峯山。
信号から12km。平均勾配5.8%。

R140からは16.3km。
80%以下で走って58分30秒。

広くて車も全然来なくて走りやすかった。
欲を言えばもう少し距離があると良いが。
児玉をスタートにすればもっと長距離走れそうだが、信号いっぱいあったっけ?

今年は丸山林道が走れないので冬場のメインに使いたいな~。
今日の城峯山は5℃。
まだ室温だ(笑)。
今年いっぱいは大丈夫か?

レースで下りきる所から更に左に下って太田部へ。

7km程下って神流湖。

寒い所だな~。

R462を土坂まで行って、土坂峠をモリモリ登ってガンガン下って帰宅。
向かい風が強くて大変だった。。

明日も天気持ちそうだけど疲れたなぁ~。
休みかな?

2006-11-24 23:37 | カテゴリ:練習
薄々気がついていた&気になっていた部分。

①ハンドルのブラケットが遠すぎ
 上半身をハンドルに委ねすぎ&腰が伸びきっちゃって酷い状態(笑)。
 allsportsなんかの写真を見て薄々気がついていたけど、カッコ悪かった&腰痛の原因だったかも?
 
 2cm程近づける。今回は横から写真撮ったりしてしっかりチェックしてみました。
 かなり楽なポジションになった&昨日長距離乗って追い込んで、腰も痛くならなかった。

②サドルが前過ぎ
 5mmくらい下げて、サドル後退幅(BB芯~サドル先端)が3.7cmくらい。
 まだまだ前乗りなんだろうか?
 でもこれで前モモも今までより疲れなくなった。
 みんなどのくらいなのか今度聞いてみよう&しばらく乗って様子を見よう。

③サドルの高さ?
 もう少し高くても良いかも?と思うが今回は変更せず。


本当は数ミリずつ動かしていくのが良いみたいだけど、せっかちなのでダメです(笑)。


とりあえず上で設定したポジションで、レース用&練習用の2台のポジションを合わせよう。
そう言えば、1月に「バイクラ」のフィッティングシート(今中氏監修)をプリントアウトして記録したんだった。

計ったらいつの間にかゴチャゴチャといじくっていてたいぶ変わってました。
今度から変えた時にはちゃんと記録しておこう。

床~サドルと床~ハンドルがわかれば、サドル~ハンドルの高低差がわかる。
ハンドルの高さも微妙に変わると腕が疲れるようになった。
「バイクラ」ページの上のフィッティングシートには項目が無いけど、下のチェックシートってのも使えば完璧です。
2006-11-23 20:26 | カテゴリ:練習
シーズンオフはやりたい放題
とさいとーさんは言ってるけど、全くもって同感です。

レース後はゆっくり休んでオフシーズンを満喫しようなどと思っていたが…。
レースで体調を整えたので、終わっても絶好調。
違う意味でオフシーズンを満喫してます。


昨日の天気予報は「祝日は荒れ模様」と言ってたような気がしたが、気のせいか?
起きたらいい天気。
さっさと支度して出る。


久々に平坦を長時間走りたい。


吉田方面へ。
R299に出て志賀坂峠まで行くことにした。


来年のレースに向けて、1時間程度を集中して走る練習をしたい。
R299~志賀坂峠~八丁峠までの信号のない24.5km区間がうってつけのコースだ。

「みどりの村入口」の信号から徐々にペースアップ。
すぐに心拍は90%近くまで上がりそのままペースを維持。


12kmが登り基調の平坦セクション。
平均勾配1.5%。
22分くらい。

峠セクションも心拍85%~90%位で集中して走る。
最後の1kmからペースアップして、90%オーバーで志賀坂峠に到着。
八丁峠は既に冬季閉鎖かと思ったらまだ通れるらしい。

今日は志賀坂まで。

40分弱くらいだった。
八丁を更に23分位で走りたいからやっぱり1時間以上かかる。

志賀坂の峠セクションは17分18秒。
ノリ面工事の信号で15秒程止まったからベスト+10秒くらい。

冬に使いたいんだが2/28まで工事やるらしい。。
コレがちょっとネックだ。

紅葉が綺麗なので写真を撮りながら「尾ノ内渓谷」に行ってみた。

名水。

バーベキュー施設がある。

今年の紅葉はやっぱり遅いのか?

まだ2時間も走ってないが既に疲れたので帰ろうかと思う。

吉田をタラタラ走る。


気がついたら龍勢のスタート地点(笑)。

45分ちょうどでした。。
既に志賀坂で追い込んだので、いっぱいいっぱい。

コレで9週連続(アホ)だけど、近場で40分登れるところってあまりない。
下りの寒さに耐えられるうちは来ちゃいそうです。

長瀞方面に下る。

いい感じの緩斜面が続いてる。
奈良尾峠、風早峠なんてあるみたいだけど、ずっと下っていて良くわからん。

7℃。
寒かった~。


距離は13.5kmくらいか?標高差は700mでした。
こっちの方が勾配が一定な感じで道も広い。
近いので今度登ってみよう。

不動山を登って陣見山を下って帰宅。
あ~そうだ、今日は平坦を長時間走るはずじゃなかったっけ?

今日はやけに足先が冷えた。
パールのソックスカバーを履いてたんだけど。

夕方ホームセンター行ったらクロロプレーンソックス売ってました。
薄くてソックスカバーよりも暖かそうなので衝動買い。
1000円だけど高いのか安いのか?使ってみないとわかりません。
2006-11-22 22:21 | カテゴリ:練習
ポラールの電池切れの件。
龍勢で使いたかったんだが、レース翌日に届いた(泣)。

ちょうど送ってから2週間かかりました。
まぁ、送るのが遅れたのでしょうがない。

不親切なのは、修理料金見積りの電話が来るはずなのに何の連絡も無し。。
不安になったので問い合わせてみようかと思ったところ、いきなり代引で送られてきた。
「見積もりの連絡を差し上げ、了解が取れれば代引きで送ります。」と書いてあったのだが…。

5880円也。。
そんなに取られるの~?

送ったのは、


S720i(自転車用心拍計本体)
T61トランスミッター(胸バンド 電池交換不可)
スピードセンサー

心拍計の電池交換は2800円らしい。
トランスミッターとセットでやってくれます。

心拍計本体は買って1年半で電池切れ。
トランスミッターは4年くらい使っていて、まだまだ電池が持ちそうだったけど送りました。
電池交換できる新型トランスミッターもあるけど、けっこうすぐに電池が切れちゃうのでT61の方がお気に入りです。

しかし、スピードセンサーもついでに…と送ってしまったのが失敗だった。
これがさらに2800円かかってしまい、消費税込みで合計5880円。。

実は送る前に分解してみたんだけど、電池が簡単には外せないようになってたので諦めた。。
しょうがないか…。

けっこうかかるんだな~。
全部でせいぜい2000円くらいかと思った。


でもこれで冬場はしっかり心拍トレーニングできそうです。



僕に勝った「よっしーさん」がブログをお持ちのようなのでリンク貼らせてもらいました。

草津やMt.富士では僕よりも良いタイム。
今回も実力の差だったようです。
武尊や鳥海でもカテゴリー別で優勝されているようだし、ノーマークどころか僕が無知なだけでした。。

僕も本格的なレースは今年からなので、今後も良いライバルになりそうです。


さいとーさんの会社の同僚の「バキンさん」や「コスジさん」もコメント下さいました。
僕と同じクラスで走られて、しかも二人共10位以内に入ってます。
会社まで同じってのがオソロシ~。。
チーム名がチーム名なだけに…(笑)

みなさんこれからもよろしくお願いします!
2006-11-20 21:16 | カテゴリ:レースレポート
リザルトが掲載されました。
平均時速が距離12.4kmで計算されてる。。
13.6~7kmが正しいと思います。

負けましたが満足できるレースでした。
7回も試走(アホ)して、そのうち3回もみなさんと走る事ができました。
今年の龍勢は充分に満喫できました。お腹いっぱいです。

以下レポートです。


レース前にしてはそれなりにグッスリ眠れた。
地元の特権だ。
朝起きて初めて出場者名簿を見る。

去年同じクラスで負けたHさんやK野さんはいない。
でもHさんとは走ってみたかったな~。

強い人はtarmacさん、塩原で一緒に走ったzucchaさん、さいとーさんの仲間のコスジさんがいる。
他にも去年tarmacさんの前後にゴールしたSさん、Hさん等。
頑張れば3位以内は可能か?
いや、今日は勝つために走る!

自走で吉田へ。
龍勢会館まで少し追い込んでみる。
気持ちよく90%まで心拍が上がった。
足も軽い。

ただ、今までサドルが前過ぎた気がする。
ベストポジションと思っていたのだが、追い込んだ時に前モモが疲れやすい気がする。
しかしこれでトレーニングを積んでしまったので、レースが終わってから試行錯誤だな。
今日はそのへんがちょっと不安。

時間まで軽く走ったり、着替えたりしてスタート地点へ。
さいとーさんを発見し、声をかける。
全然初めての気がしない(笑)。
いきなり話が盛り上がる。
Bランクさんやかんchanさんも現れて、しゃべるのに忙しい(笑)。

僕のクラスは最後のスタートなので後ろに下がる。
途中でjs1ktrさんがいたので声をかけ、さいとーさんやOK田さんも加わりしばし談笑。

エキスパートからスタートし始めたので、自分のクラスに下がってtarmacさんに挨拶。
前の方で待機して少し集中。
寒いがスタート目前なのであまり気にならない。

いよいよ僕らのスタート。
最前列に並ぶ。

スタートして、zucchaさんが飛び出して前を引く。
調子いいのかな?
身体が冷えてしまったのでウォーミングアップのつもりで付いて行く。

速くもなく、遅くもなくのペースで進む。
風の影響はほとんどない。
湿度があって呼吸しやすい。

心拍は80%強。
だんだん身体も温まってきた。

小学校手前の緩い登りから先頭に出て引く。
時速は30km/h。
心拍を上げていく。

水車小屋。3.2km。
先頭を引いてたのでタイム見忘れた。。
スピードからして多分6分30くらい。
そのまま本格的な登りに突入。


いつものTTのペースで走ろうと思う。
後ろは付いてくる気配が無い。
みんな千切れたか?


程々のペースで…。
このまま独走か?などと期待する。
落ち着いて…、飛ばし過ぎないように…。


激坂。
時速13km/hくらい。ちょっと速いかな?
先行して走っている人達をパスする。

ここで何人か付いて来ている事に気づく。
2人くらいか?
見たことない人達だ。速いのかな~?
しばらく様子を見よう。

激坂が終わった緩斜面で後ろに付いて来た白ジャージの人が一気に加速して差が開いた。
僕は無理に追わない。
加速からして、オーバーペースで走ってるか実力差がある速い人かどっちかだ。

もう1人付いて来たディスカバリージャージの人が前を追う。
少し差がつくが急坂で追いつくだろうと思い行ったら、やっぱり急坂の途中で追いつく。


急坂が終わって15分30くらい。
去年のレースよりも1分速い。
普通ならオーバーペースだが練習の時よりだいぶ余裕がある。

その後の緩斜面は白ジャージの人が引く。
僕は一番後ろを付いて行く。


7km付近。
白ジャージの人がちょっと疲れたか?
ディスカバリーの人が前に出て、少しダッシュしたので僕はすかさず付いて行く。
まだまだ余裕。

先行してる人がけっこういる。
MTBの人がちょっとだけ斜行して、抜く時に軽く接触してしまった。。
大丈夫だったろうか?

細かいカーブが続く部分で僕が前に出て引く。
足は良く回ってる。
ここで頑張りすぎちゃうと交代した瞬間離されちゃうので、程々に行かないと。
心拍とケイデンスを見て冷静に走る。

ここからはどこで前を引くか、と言うことも何となく計算して走る。
ここから下りの手前までしばらく引けば下りで前に出てくれるはずだ。

去年よりも余裕で走ってるし、この前のTTの時の方が苦しかった。
コースを熟知しているので、ギアチェンジも早めにできてるな~と思う。


後ろを確認すると白ジャージの人がいなくなって、ディスカバリーの人と2人になった。


9.7km。
平坦で26分50秒。
速い。
去年よりも40秒速い。
いいタイムが期待できそう。

思ったとおりディスカバリーの人はここで前に出てくれた。
コンドルさんと走った時のパターンと一緒になった。


路面が濡れているので慎重に下る。

登りに入ってもディスカバリーの人が前を走る。
少し付いて行って、前に出てスパートしたいと思ったがだんだんペースを上げてる感じ。
先頭交代はいちおう僕の思った通りのパターンに持ち込めたのだが。。

なかなか前に出られん。。
2人で我慢の走りが続く…。

ディスカバリーの人はノーマークだったが強い。
まだこんな人がいたんだ~と思う。

残り2km。
この前のTTでコンドルさんがアタックをかけた部分に来る。
余裕があれば今日はここで「コンドルアタック」をやってみたい!と思っていたのだが…。
思っただけだった。。

ディスカバリーの人は緩斜面でかなり加速するので付いて行くのが大変。
相手もかなり疲れてる感じだが僕もだ。

ここで不安だった前モモが疲れてきて、足が回らなくなってきた。
加速に付いて行けなくなって来てちょっと離される。。
それでもまだまだ見える位置にいるのであきらめずに追う。


ここで36分台。
すぐ前にいるが追いつかなかった。。
実力の差?根性の差?

ゴールで37分40を切ったくらいか?
中盤は90%前後の一定ペースで走り、ラスト1~2kmは全力で追い込む最高のペース配分だったと思う。

ゴールしてディスカバリーの人と話す。
まだレースを始めて間もないらしい。
それであの走りだからポテンシャルが違うかもな~。
js1ktrさんの知り合いとわかる。

僕も気持ちが弱い部分があったかな~?
枝折でT崎さんに10秒差で負けた時のパターンだ。。
でもあのまま付き位置で行ってスプリントで勝っても嬉しくはなかったな。。
僕は勝つと天狗になるから、ギリギリ負けておくくらいでちょうどいい。

タイムは37分25。
総合で3位のタイムだった。信じられん。
今日のレースは良くて37分後半、悪くて38分後半~39分くらいだと思ったが。。
これも7回も試走(アホ)した成果だろう。
僕はどちらかと言うと勝負よりもタイム重視なので嬉しいです。

総合1位はエキスパートで勝った人で36分40秒台。
37分切った人ってここ何年もいなかったんじゃないか?
来年は37分切りが目標かな?

頂上で着替えたり、みんなと話したり表彰式で写真撮ったりと忙しかった。

さいとーさんのお仲間のコスジさん&バキンさん、塩原で一緒に走ったzucchaさんとも話せた。
またレースで会いましょう~!


エキスパート表彰。


男子A。


男子C。


男子D。
Bランクさんメインで(笑)。

雨の中下山。
さいとーさんやjs1ktrさんと話しながら下る。


賞状や賞品を受け取るために元気村へ。。
これはちょっとめんどくさかったが、貰えるんだしその分走れたので良しとしよう。
主催者の方も「来年は渡し方を考えないと…」と話してました。

js1ktrさんも来たので挨拶してお別れ。
自走で帰宅。
寒いのでずっと80%以上で追い込んで帰る。
荷物が無ければもう少し走って帰りたいんだが…。

レースの疲れはあまりない。出し切れてないのが良いのか悪いのか?
あっという間に長瀞。

無事帰宅。
今年も終わった~。

思えばちょうど4年前にクロモリMTBであのコースを走った時は、1時間9分かかりました。
40分で走る人達が信じられんでした。
成長したな~。


やっとボジョレー解禁。


頂上で甘酒飲み忘れた…。



コンドルさん
2回一緒に走った事が結果的に今回のシュミレーションになった感じでした。
2人の争いになってからはイメージ通りのレース展開に持ち込めました。
あとはあの「コンドルアタック」ができれば…だったんですが、やっぱ自分には無理っす。
負けるところまでシュミレーション通りでした(笑)
また練習におつきあい下さいm(_ _)m


■主な結果

・エキスパート
 かんchanさん 3位 …火事場の馬鹿力

・男子B(30~35歳)
 tarmacさん  4位 …大幅タイム短縮

・男子C(36~45歳)
 さいとーさん 1位 …おみごと
 js1ktrさん  3位 …落車が残念。。でも3位

・男子D(46~55歳)
 Bランクさん 2位 …順当?

ってところでしょうか?
上記の人は来年エキスパート?

みなさんお疲れさまでした。
来年もよろしくお願いします。
2006-11-19 13:53 | カテゴリ:龍勢
雨の中参加されたみなさんお疲れさまでした。

10秒差で負けました。
■男子Bクラス(30~35歳):2位
■記録:37分25

総合で3位だったみたいなので大満足です。
詳細は後で。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。