-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-31 22:28 | カテゴリ:練習
長年乗ってると不具合が出るシリーズ。

主にローラーで使ってる練習用リアホイールのカセットがグラグラしている。
カセットを外してみたが何ともない。

根元のフリーを動かすとカタカタ言ってる。
ハブに関しては分解の仕方が全くわからんのでほっといた。

調べてやっとわかった。


ハブのシャフトはコレで外せるらしい。
たまたま工具があった。
外す。

取れた。
ベアリングの玉がポロポロ落ちる。

でもフリー部分はどうやって外すの?
専用工具がいるのか?

更に調べたら10mmの六角レンチで外れるらしい。
なんだ!簡単。

外して掃除してみる。

こんな風になってるんだ。


カタカタの原因はやっぱりフリーにあるみたい。
ローラー乗りまくってかなり負荷がかかったようだ。
これ以上は分解できないので交換するしかないか。

最初は良くわからんのでホイールごと買い換えようかと思った。
ハブ取り替えのホイール組み直しなどできんし。。

フリーだけの交換で済みそうでよかった。
2600円位で注文できる。

しかし古いのでモデルがわからんなー。
105の8Sか9Sっぽいけど。。

あっ!アレがあった!と思って出してきた。

古いBD-1のホイール。

このフリーホイールは使えないだろうか?
外してみた。


シマノでも何でもない無メーカーのハブで構造が全然違う。。
アカンかった。

スポンサーサイト
2006-10-30 21:33 | カテゴリ:徒然なること
寒くなってきてコーヒーがウマい。


最近ちょっと欲しいと思った物。
T-falの電気ケトル。

電源プレートの上にポットを乗せて温めるタイプ。
プレートの上にガチョっと乗せるだけでボコボコ沸く。
簡単に持ち運べてそのままお湯を注げる。

このタイプはずっと昔、ニュージーランド旅行した時に宿に置いてあって、日本であまり見かけないのでいいな~と思った。
向こうで安かったので買っとけばよかった。
以来、日本でずっと探してたんだけど、こういう仕組みの電気ポットって意外に売ってない。

10年くらい経ってやっと見つけた。
T-fal自体がフランスの会社みたいだからこのタイプを作っていてもおかしくないですね。
「電気ケトル」って言うのか。

電気ポットと電気ケトルの違いを調べた。
ポットは沸かしてなおかつ保温の機能があるもの。
ケトルは沸かす機能だけのもの。

そうなんだ。
↑アレの保温機能も確かに無いみたいですね。
1ヶ月の電気代が90円だとか。

5000円か~。
去年も電気ケトル探していて南部鉄瓶買ったんだった。

鉄瓶は11月5日に買ったらしい。
毎年考えることが同じになってきた(笑)。

T-falはフライパンも持っているけどすごくイイです。
フライパンが良く滑ってオムライスが簡単にできる。
圧力鍋も欲しいな~。
2006-10-29 21:21 | カテゴリ:練習
今日は午前中雨の予報だったので、午後にでも軽く乗りに行く予定だった。
しかし起きたら晴れているではないか!

予定変更。
お昼前におにぎり持参で出発。

寒くなる前に「ぶどう峠」をリベンジしておきたい。
前々回は雨で断念。
前回は時間切れで断念してまだ頂上まで行けてない。。

今日も帰りの時間が微妙なので、ミューズパークをショートカットして小鹿野へ。

R299。小鹿野の直線。

昨日追い込みまくったので今日はゆっくりペースで走る。


志賀坂峠へ。
80%くらいでゆっくり上る。


志賀坂の宿、「民宿登人」。
宿泊客はいるんだろうか?といつも思う。

峠で19分40秒くらいだった。
80%位で上るといつもこんなもんだ。


群馬側へ下ってR299を上野村方面へ。
けっこう快調。


トンネルを避け旧道を走る。
でっかいサルがいた。小熊かと思って一瞬焦った。。
ボス猿か?

「←ぶどう峠」の看板を左折。
ここで13時20分過ぎ。

14時半には戻りたいから微妙だな~。
17kmを1時間ちょっとで走らないと。


左に行くと「上野ダム」と「御巣鷹の尾根」。
右のぶどう峠方面へ。


だいぶ山が紅葉していてイイ感じ。


しばらくは川沿い。


水が澄んでいる。


快調に走るが、7km過ぎくらいからか?斜度がだんだんきつくなる。
10km/h~15km/hくらい。
軽いギアをクルクル回してゆっくり上る。

前回引き返した11km地点を過ぎるとだいぶ斜度が緩くなる。
少しペースアップ。

既に14時を回っている。
間に合うかな~?
かと言ってペースアップできる元気はない。


しかし今日は紅葉が最高潮。
良い日に来た。


時々止まって写真を撮るが時間が気になるので急ぐ。
15km過ぎからけっこうな勾配。
14時25分。

16kmの看板の先が峠だった。


やっと到着。。
R299から1時間5分くらいかかった。


ちょうど14時半だった。
標高は1500mくらいか?


写真撮って、おにぎりを食べて急いで下山。


急ぎたいが写真も撮りたい。
たまに止まって撮影。


ぶどう峠の紅葉最高!

峠付近の紅葉は既に終わりかけだった。


今は少し下った辺りが一番きれいだった。


あと2週間ってところかな?
カメラの質が悪すぎて、紅葉が全然綺麗に撮れない。。

R299は下り基調なので40km/hくらいで飛ばす。
あっという間に志賀坂の登り口。

志賀坂を越えて小鹿野まで飛ばして16時過ぎ。
けっこう余裕だった。

ミューズパークの急坂を上って帰宅。
暗くなる前に何とか帰ってこれた。

今日は思いがけず、ぶどう峠に行けて良かった。


最短距離で実家から往復140kmちょいだった。

次回は長瀞出発で170kmに挑戦?

2006-10-28 21:31 | カテゴリ:龍勢
またしても「せきなおcup龍勢テーテー(ひとり)」が開催された。
優勝しました。

最近、龍勢TT中毒になってます(笑)。

今週も実家スタート。

時間がないのでミューズパークを越えて吉田へ。
ミューズパークの坂でいきなり追い込む。

1.7km。久々に走って5分15くらい。
2年くらい前に走って5分40だったからだいぶ速くなった。

今日の龍勢TTはタイムよりもペース重視で走りたい。
特に最初の平坦終了から下りまでのペース配分。

平坦終了の水車小屋-(4分)-激坂-(6分)-急坂-(11分10)-下り前の東屋
去年のレースのペースはこんな感じ。

前回、コンドルさん&tarmacさん達とのTTでのペースは、
平坦終了の水車小屋-(3分40)-激坂-(5分40)-急坂-(12分)-下り前の東屋

と前半速過ぎて後半失速していたようだ。
今日は水車小屋から下りまでレースのペースで走ってみたい。


レーススタート地点から計測開始。
(写真はいつものを使い回しで)

平坦を30km前後で走る。
心拍数は170行かないくらい。


平坦が終わる水車小屋。3.2km。
6分55秒。
去年のレースよりも25秒遅れ。
7分20くらいで行きたかったがちょっと速過ぎたか?

坂に入っても抑え目で。

激坂。4.4km。
右折して鳥居をくぐる。
10分50。
水車小屋-(3:55)-激坂。
ペースはまあまあ。レースよりも20秒遅れ。


激坂もいつもより少しだけ抑えめ。
心拍はまだ90%以下。


急坂が終わって16分35くらい。
レースよりも5秒遅れ。
激坂-(5:45)-急坂。
速過ぎた。

ここから頑張る。

7km付近。
19分20くらい。
いいペース。

7km過ぎからだんだん斜度がきつくなる部分。
ペースを維持したいが軽く90%オーバー。

MTBの人とロードの人が併走していて一気に抜かす。
ゼェゼェハァハァで心拍は180~184。


もう限界。。


平坦で27分55秒。9.7km。
レースよりも25秒遅れ。
急坂-(11:20)-下り前の東屋
何とか去年のレース並みに走れた。



下りが終わって29分弱。
前回コンドルさん達と走ったラップとほとんど同じ。

今日は下り手前の東屋で目的達成。
ここからは消化試合。



ここで38分30。
ゴール地点で39分20だった。
独り走りではこのくらいのタイムが限界だろう。。



急坂~下り手前までを11分ちょっとで走るのはやっぱ苦しかった~。
ずっと90%オーバー。


今日はかなり追い込めた。
最大心拍は185くらいか?
平均もわからないが90%は行ってると思う。

写真を撮りながら下る。
今日もけっこうな人が走っていた。


激坂過ぎの左カーブ。


水車小屋過ぎの上り区間。


平坦でも所々坂はアリ。

今日は実は2本登ろうと思ったのだが、1本目でレース並にかなり追い込んでしまった。
良い感じで上れたので良いイメージを残しておきたい。

2本目はレースの下山コースになっている阿熊(あぐま)を上る事にした。

ここは下った人はわかると思うけど、急坂が延々と続く文字通り悪魔のようなコース。
地元民(僕だけ?)に恐れられていて人を寄せつけない難コースだ。

最初の県道から2.5kmは平坦基調。
足の疲れはあるが快調に飛ばす。

短い急坂が現れ、ちょっと下って本格的な登り。

だんだんと斜度がきつくなる。
その後は8~10%位が延々と続く。
最初は13km/h位で走っていたが、だんだん10~12km/hしか出なくなる。。

心拍が90%で時速10km/hちょっとという情けない状態が続く。。
少し踏もうとするとすぐに90%オーバー。

少し緩くなったと思うと急な部分が現れる。
何とか集中して上る。
もう足がパンパン。。

ゴール前1kmくらいから緩くなってやっとここまで来た~と言う感じ。
頂上の東屋で40分25だった。
前回どのくらいで走ったか覚えてないので速いのか遅いのかわからん。

前回は5年位前にMTBで登って足を途中で着いたんだった。。

今日は元気だった。
レース2本分走った強度で練習できた。
ヘロヘロになって帰宅。

龍勢TTで頑張り過ぎて、レース走るのが嫌にならないように気をつけます。



城峰山
石間 39分20秒
阿熊 40分25秒

2006-10-27 22:36 | カテゴリ:練習


心拍計兼スピードメーターのポラールS720i。

「電池が無くなるよ~」マークが出たけど無視して使っていたら心拍を受信しなくなった。
この前の龍勢TT終わってから動かん。。

電池交換してもらうのに送らなくちゃいけないのがめんどくせ~。
一緒に電池交換できないベルトも送んないとか。。


しょうがないので前に使ってたエントリーモデルを使ってる。
廃盤モデル。
平均心拍数くらいしかわからないし、トレーニングデータも1回で上書きされちゃう。。
1年以上使ってなかったのに元気に動く。

機能少ないクセに、しばらく使わないと「運動しろ~」メッセージが画面に現れる。。
運動しないのではなく、オマエを使ってないだけだ~。

自転車グッズも長年使ってるといろんな不具合が出てくるもんです。

2006-10-26 21:40 | カテゴリ:徒然なること
カメムシの季節到来。

干したパンツから激烈なニオイが漂っていたので洗い直し。
タオルとかにも「飛び火」していた。

もちろん「僕のニオイ」ではありません。
可能性ゼロとは言えないけど。。

ブ~~~ンと部屋の中を飛んでるヤツがいる。
オマエがニオイの原因だ~!

カーテンに止まったので弾き出す。

服とか自転車のウェアとか、今日これを着たい!って思ったのに裏切られる。。

寒くなると大発生するからな~。



陣見山 長瀞側5kmコース

16分38秒(自己ベスト)
17分28秒

1本目追い込みすぎた。。
2006-10-25 21:51 | カテゴリ:練習
サングラスを買った。


ずっと気になっていた「UVEX CROW PRO」。
色の違うレンズが3枚も付いていてハードケースとソフトケースが付いて15000円くらいだった。

OAKLEYに比べたら安い。

OAKLEYはMフレームを2個持っていてずっと使ってる。

レンズ交換する時にノーズピースも付け替えるんだけど、うっかり落として無くしてしまった。
3個あったのに、2個無くした。。リーチだ。
2個のサングラスで1個のノーズピースを使い回している状態。


一緒にOAKLEYの「ノーズピース&イヤーソック」というのが売っていたので買って、やっと1対1になった。
イヤーソックは耳に当たる部分のゴムだけど、無くさないからイラネー。

ノーズピースよりも外れやすいのがレンズだ。
レンズ交換できるタイプってずっと使ってるとレンズが外れやすくなる。
特にOAKLEYはレンズの両端に小さ~い爪があって、フレームにやっと引っ掛かっているような心もとない状態。
上手く付けないと走っていてレンズが脱落する。

けっこう高かったのに、構造がお粗末でちょっと悲しくなった。。

交換を繰り返してたら爪が無くなってしまったので、ライターの火であぶって強引に爪を作って使っている。。
そのうち交換するのも面倒に。。

OAKLEYはレンズ交換できないタイプを買ったほうがいいかも?

UVEXのレンズも両端の爪でフレームに引っ掛ける感じだけど、爪がしっかりしていてガチッとはまる。
でも交換を繰り返してたらすり減っていつか無くなるだろう。。
このへんの構造はもうちょっとどうにかならんのかなぁ。

これもノーズピースが取れるタイプ。
既にリーチかかってる。。
替えのノーズピースは売ってるんだろうか?

結局、レンズ交換は極力せずにOAKLEY2個とUVEXで天気によって使い分けそうな感じだ。
高い金払ってレンズ交換できるタイプ買った意味ねぇ~。

ブログでサングラスをネタにしている人は少ないけど、みんなどうなんだろう?
2006-10-24 23:14 | カテゴリ:徒然なること
寒いな~。

今日はずっと13℃くらい。
家の中も18℃くらい。
20℃切ってくると寒いですね。

朝はストーブつけてるヘタレです。

雨だし、ローラーやろうと思っても18℃くらいになると扇風機は寒い。
でも風は必要。
微妙にエアコンつけて部屋を暖めて、扇風機つけてローラーやってます。



2006-10-23 22:21 | カテゴリ:徒然なること
昨日の「龍勢TT」ですが、tarmacさんコンドルさんも記事にされてます。



この前カレーが美味くなかったのでリベンジ。

普通に作ったら美味かった。
夕飯なのにおかわりしてしまった。。

でもカレー食べると元気が出て練習量も増えるせきなおです。
2006-10-22 21:12 | カテゴリ:龍勢
レースまで1ヶ月。
龍勢テーテー無事開催されました。
コンドルさん、tarmacさん、Oさん、Tさん、お疲れさまでした。

いやぁ、楽しかったですよ~。
レース仲間と練習は実は初めてでした。
ずっと一人で練習してた僕にとっては新鮮で勉強になりました。
ありがとうございました。

以下、今日のレポートです。


9時前に家を出て昨日と同じ両神経由で吉田へ。

昨日ちょっと追い込みすぎた気がしたが、今週はあまり乗ってなかったのでむしろ元気になった。
疲れはそれ程残っていない。

腰痛もちょっと涼しくなってきて冷えたのが原因か?
昨日少し追い込んで刺激を与えたら治ったようだ。

いつもより軽めに走ったら集合時間ギリギリになってしまった。

スタート地点にコンドルさん、tarmacさんとお仲間のOさんとTさんが既に待っていた。

他にも走っている人がいるけど、さいとーさん所で呼びかけた飛び入り参加の人達だろうか?

お互い挨拶してスタート。

まずはコンドルさんが先頭を走る。
平坦はできるだけ引きたいので僕もガンガン前に出る。
tarmacさんもOさんも先頭交代に加わる。
Tさんは既に遅れたか?


水車小屋で6分半くらい。
去年のレースと同じ。
平坦はこんなもんだろう。


坂道に入る。
今日はけっこう足が回る。いい感じ。


鳥居で10分10秒。
レースよりも20秒も速い。
Oさんが遅れ始めたか?

激坂はコンドルさんがクルクル回しながら上って行くので付いていく。
12~13km/hだからこんなもんだ。
tarmacさんはちょっと遅れたか?

激坂の後の緩斜面でtarmacさんが追いついてきた。さすがだ。
3人で半納の急坂を上る。

急坂が終わって15分50くらい。
レースよりも40秒も速い。

レースの時は激坂~急坂が遅かったのでこんなもんだろう。

緩斜面に入りコンドルさんと僕で先頭交代しながら走る。
tarmacさんは追いついたものの急坂でちょっと遅れた。
それでもまだ見える位置にいる。
Oさんもその後に続いている。


7km地点。
19分10。
前回よりもちょうど1分速い。


コンドルさんといい感じで先頭交代しながら走って下りの手前まで来た。


平坦で27分50くらい。
レースよりも20秒遅れた。

中盤は2人で先頭交代したので良いペースで来れた。
tarmacさん達とはけっこう差がついたようだ。


下りはコンドルさんが引く。
登りに入ったところでコンドルさんが、ガ~~~ッ!とアタックして一気に差が広がった。。

全然付いて行けん。
ペースアップする人はいるけど、こんな一気にアタックする人は見たことない。
100km自走してきてこれだもんな~。
すげ~な~。
中盤も呼吸は楽そうだったし、さすがだな~。

しばらく見える位置にいたが、だんだん見えなくなる。
それでも2つくらいカーブの先に時々背中が見える。
自走じゃなくサラ足だったらあっという間に見えなくなるだろうけど。

僕も良いタイムが期待できそうなので頑張る。


最後の直線でコンドルさんがかすかに見えた。
コンドルさんは38分30くらいか?
下って登ったらすぐにゴールだと思って、アタックする場所を間違えたらしい。

僕は39分ちょうどくらいだった。
さすがにみんなで走れば集中できる。
でもレースのタイムから10秒くらい遅れたのが残念。。

ペース的にも良かったと思います。
前回より1分速いペースを刻んで来たのでこんなもんです。

心拍は平均169、最高で激坂の180だった。
前回と全く同じ。
調子も前回と同じくらい良かったみたい。

tarmacさんが40分くらい。
その後Oさん、Tさんの順でゴール。

ゴール地点で談笑。
コンドルさんもtarmacさんも「power tap」持ってるのでリアルタイムの出力がわかる。
平坦の僕の引きはオーバーペースだったみたい。

あとコンドルさん曰く、僕の走り方は急坂で頑張って緩斜面で休む走り方なので、出力にムラがある。
出力が一定でないので、結果的に疲れやすい走り方だそうだ。
そうか、確かにそうだな。
次回から気をつけて走ってみよう。

tarmacさんの転がり抵抗の話も聞けたし、いろいろと勉強になりました。
一人で乗っててもわからない事って多いですね。

龍勢会館まで下ってtarmacさん達3人と別れ、コンドルさんと2人で丸山林道に向かう。
昨日と同じ秩父1周コースの皆野~曽根坂経由で行く。


途中コンドルさんがハンガーノックで大失速してしまったのでスーパーに寄り補給。
パンを食べたら速攻で復活してた。
まさにガス欠。クルマみたいな体ですね~(笑)。

丸山林道をコンドルさんと話しながらゆ~っくり上る。
白石峠の頂上まで下ってコンドルさんとはここでお別れ。

定峰を下る。
今日は寒い。
すっかり体が冷え切ってしまった。


そうそう、定峰のスタート地点。
通行できない広い道が合流しているカーブです。


近くに「峠まで7.4km」の標識があります。

5時間走りたかったけど、僕も腹減ったので帰宅。
4時間20分くらいだった。



コンドルさん、自走お疲れさまでした。
いろいろ話せて楽しかったです。
まだまだ若いしこれからが楽しみですね。
良かったらまたよろしくです。
(コンドルさんのブログをリンクに追加しました。)

tarmacさん、何回か走ればもっとタイム短縮できるはずなので、良かったらまた走りましょう。
急坂が終わってからの緩斜面~下りまでは集団で走った方が断然有利だと思いました。
一緒に入賞目指しましょう!

Oさん、JCRCの結果見ました。
ロードレースもかなりの実力者なんですね。
JCRCで一緒になったらよろしくです!

Tさん、まだ始めて間もないそうで、乗れば乗るほど速くなるのでこれからが楽しみですね。
また一緒に走りましょう。


みなさん、お疲れさまでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。